• ホーム
  • 咳やくしゃみが続くときは花粉症を疑え!まずは血液検査を!

咳やくしゃみが続くときは花粉症を疑え!まずは血液検査を!

2020年02月11日
薬を持っている様子

くしゃみや鼻水が出たり咳き込みが激しくなった場合、風邪かなと感じることがありますが、いつまでも症状が続く場合や春や秋といった季節にひどくなる場合は、植物が原因の場合があります。

特定の植物が原因の場合、花粉症の可能性があり、春であればスギやヒノキ、秋ならばイネ科の植物であるカモガヤやススキ、ブタクサやヨモギとなります。ススキで飾りを作る際、なんだかむせた感じがしますが、これは花粉が原因となっている可能性が高いのです。

スギの花粉に反応してしまう人は花粉の中でも一番多く、毎年花粉の飛散情報が流れます。早ければ2月中旬から飛び始めるので、この時期に体があまりだるくないのにいつまでも鼻水やくしゃみが止まらない場合はスギの花粉によるものです。特に花粉症の場合はくしゃみが連続して起こるので一般的な風邪と違う、ということを実感することができます。

花粉症の場合、鼻や喉を中心に症状が出るアレルギー反応が原因となっています。風邪との違いは鼻水が大変わかりやすいです。花粉症の場合は、季節がある程度決まっていて、春と秋に症状が重くなります。風邪の鼻水はねっとりとしていて黄色をしていますが、花粉症の場合は水のような透明色で、さらりとしています。そのためすぐに垂れてくる感覚があり、絶えず気にしていなくてはなりません。

この他にも花粉症は喉の痛みがないのに咳がでる、高熱があまり出ないといった差がありますが、中には微熱程度に出ることもあり、時期的にもなんらかのものに感染している可能性もあります。もし、どちらかわからない場合は耳鼻科やアレルギー科などの病院にて血液検査を行うと良いでしょう。

花粉症の検査方法としては、皮膚反応検査と血中IgE検査、鼻粘膜誘発テストがあります。皮膚反応検査は、皮膚を少しひっかいて花粉をエキス上にしたものを塗り、反応を見ます。費用は1か所につき約160円。花粉は21種類ほどを見ることが多いので3000円ほどかかる計算になります。

血中IgE検査は、花粉に反応するIgEはどのくらいあるのか、IgEの量はどのくらいなのか、ということを調べる血液検査です。より正確にわかるのですが、アレルゲン一つに対して費用は約1000円かかります。そこに検査診断料が1500円ほど上乗せしてかかってきます。

鼻粘膜誘発テストは、鼻の粘膜にこれが原因ではないだろうかと思われる花粉のエキスを貼りつけて様子を見るテストです。皮膚反応検査と同じ費用のことが多く、あまり多くはかかってきません。

この他の花粉症の検査としては、簡易アレルギー検査と呼ばれるものがあります。指先からほんの少し血液を採取し調べますが、この検査であると20分で結果がわかっています。ですが、あくまで簡易であるので、花粉はスギ、ブタクサ、カモガヤ、ヨモギの4種類しかわかりません。

花粉症は慢性的な疾患で、繰り返し起こるのが特徴です。やっと収まった、と思っても次の年に再びなる、ということは珍しくなく、一度アレルギー反応が出てしまうと完全に治すのは難しくなります。そのため、花粉症とうまく付き合っていくことが大切になってくるのです。

一般的に血液検査を行うことが多く、診断は病院によって差はあるものの1週間程度で出てきます。表になっているので、その表を見ながら医師がどういったものに反応しているかを説明していきます。自分が何のアレルギーがあるのかを知ることは今後生活をしていく上でとても大切であるので、一度しっかりと検査を受けると良いでしょう。

風邪かわからない場合は花粉症である可能性が高いです。そのような時は耳鼻科病院を受診し血液検査を行うことがポイントとなってきます。

関連記事
花粉症を悪化させる日常の行動とは?お酒の飲みすぎは良くない!

花粉症は植物が原因で起こりますが、実は自律神経も大きく関わりを持っています。自律神経は体を整え、免疫力を高めるのに必要ですが、簡単に乱れてしまうのが特徴で、ストレスや睡眠不足などでも乱れてしまいます。特にストレスが影響することが多く、自分はストレスを感じていなくても体が反応している、ということが多く...

2020年06月22日
花粉症の治療薬ザイザルは通販サイトで買える

花粉症は花粉にアレルギー反応を起こしている状態です。そのためこのアレルギーの反応をうまくコントロールしなくてはなりません。花粉症の薬は大きく分けると抗ヒスタミン薬とステロイド剤になります。抗ヒスタミン薬は抗アレルギー薬の一つで、花粉症の原因となるヒスタミンを抑える働きをし、くしゃみや鼻水、目のかゆみ...

2020年02月26日
花粉症で目がかゆくなる人は目薬を!結膜炎に注意!

花粉症の代表的な症状として鼻水、鼻づまり、くしゃみがありますが、目がかゆくなる症状が出てくることもあります。これは目に花粉がつくことによって体が異物を取り入れたと反応することで引き起こされており、かゆみの他に、目ヤニや充血、涙が出るといった症状が多くなります。このような症状はアレルギー性の結膜炎にな...

2020年03月30日
ヨーグルトの乳酸菌パワーで花粉症の症状は治まる?

花粉症の場合、花粉だけが大きくクローズアップされますが、花粉以外にも原因となることがあります。それは生活習慣です。暴飲暴食をしたりストレスをためたりすると体の自律神経は乱れてしまい、花粉症の症状が重く出てしまうことが多いです。そのため薬を使用するだけでなく、体の内側からアレルギー物質に強い体を作って...

2020年05月27日
レーザー治療で花粉症が治る!?それって本当?

花粉症の治療方法には、鼻水などの鼻炎を止める薬を使用することが多いです。主に抗ヒスタミン薬やステロイド剤を使用しており、特に抗ヒスタミン薬は眠くなる成分が含まれていることがあります。そして、軽微ながらも副作用も出ることも多いです。薬によっては、車の運転や機械の操作を控えるように書かれているものもあり...

2020年04月30日
日常で使える花粉症対策グッズをご紹介!

花粉症になると目薬や点鼻薬、内服薬など薬を使用することが多いですが、様々な対策を講じることが増えてきます。花粉症の症状は特に朝に多く出るのですが、実際に花粉が飛ぶのは午前11時ごろから夕方ごろまでがピークとなります。さらに晴れていて風が強い日も要注意となります。このような時間帯は外出を控えるのが良い...

2020年04月15日
ダニやほこりのハウスダストでも花粉症に!?

アレルギー物質は、身近なところにたくさんあります。スギやヒノキ、秋の雑草であるブタクサやススキといった花粉や、室内に多いダニやほこり、黒カビや細菌類などのハウスダスト、食べ物類があります。これらは自分でははっきりと見つけることができないため、くしゃみや鼻水が止まらないといった症状がある場合は、早めに...

2020年03月13日